負荷運転点検の技術と費用

1.認定技術者による点検

消防法に基づく「負荷試験機による点検」方法をベースにした研修カリキュラム(学科・実技・現地実務研修)を修了した、社団法人 日本発電機負荷試験協会 他の、認定技術者が点検を行います。

2.規格化された試験作業

社団法人 日本発電機負荷試験協会の負荷試験機器により、一連の点検作業が標準化されておりますので、信頼性が高く、点検作業が高効率化されています。

3.負荷試験機を大幅に改良。短時間・低価格を実現

トラックに積み込む必要のあった大型の負荷試験機を軽量コンパクト化することにより、工数・準備時間を大幅に短縮した結果、全体コストの圧縮に成功しました。

4.無停電での負荷試験が可能

従来の試験方法では、施設の停電対応が必要でしたが、当社の負荷試験は「無停電で点検作業」を行いますので、施設の運営に影響を与えません。

5.負荷運転点検は、非常用発電機の容量によって変わります。
おおよその見積ですが、地域・設置場所・メンテナンス等で諸費用が発生する場合が御座います。

Mobius GaBu . LLC

Tel: 011-206-1975

  • Facebook Clean
  • LinkedIn Clean
  • Twitter Clean

© 2023 by BACKDOOR | Private Investigators. Proudly created with Wix.com